2018年2月13日火曜日

賃貸集合住宅計画 と『アルマーニの制服』問題

このところ どこも賃貸集合住宅(マンション)の新築ラッシュです。
羽田空港に近いこともがあってか、ここ糀谷地区でも とにかく凄い。
その集合住宅を造る側の私ですら、疑問に思えています。

駅前商店街にあった古い店舗が、新築マンションに建替えられました。
手掛けたのは、不動産会社ではないものの、誰もが知る大企業です。
入居者募集に掲げられら「間取り」を見ると、じつにオーソドックス。
片廊下式の羊羹切りタイプで10坪ほど。ただし、お家賃は少し高め。
新年度の新築物件でありながら、入居者はまだいなそうです。

こういった標準間取りのマンション。この地域だけでも沢山あります。
その中、この大企業マンションはどのような差別化を図っているかと
考えてみますと、ひとつは 仕上の高級感 のようです。
外装は裏側まで全てタイル貼り。エントランスの床はどうやら御影石。
ドアの向こう側の風除室も、大理石や御影石で覆われているようです。
まるで銀座の宝石店のようです。

銀座‥というとで、昨今 アルマーニの制服(標準服)導入で物議の
ある公立小学校のことを思い出しました。
人は、身に付けているもので 評価が決まるものではありません。
人を育てる上で大切なもののひとつは、それぞれの個性でしょう。

このマンションより駅から遠く離れた 当方の SILVER WAVE-2
部屋の広さもお家賃もそれ程ではありません。仕上げもRCの打放し。
アルマーニ というより ユニクロ仕様と言えるでしょう。
それでも新築以来ほぼ20年間、ほとんど空室はありません。
この春も一部屋、お笑い芸人さんに代わって新社会人の方が入居予定。
ありがたいことです。

求められているのは、ブランドや高級感ではありません。

2018年2月7日水曜日

工場再生

金型部品を製作する工場の新設計画、以前からご相談を受けていました。
新規に土地を取得した新工場の建設ではなく、事情で廃業した工場を購入。
それをリニューアルして新工場とすることになりました。

当方の地元は、京浜工業地帯。いわゆる町工場の密集する地域です。
なにゆう私自身も出身は、そんなある町工場の跡取りでありました。
時代の潮流から取り残される製造業もあれば、時代のニーズに応え続ける
工場もあるのです。このお仕事も、何かのご縁でしょうか。

リニューアルとはいえ、1000m2からなるプロジェクトです。
まずは、検査機関による既存建物の遵法調査 からはじまります。

10年目の住宅改修。建築も成長していく。


2007年に完成した複合住宅 Pixies
竣工10年目を機におこなわれた。
RCの外壁補修と屋上手摺・外部階段の設置工事。
私も微力ながら お手伝いさせていただきました。

手摺は溶融亜鉛メッキ(ドブ漬け)された鋼材加工。
腰部分は FRPグレーティング(ある業者の置土産)
汚れもあって、少し荒々しい表情です。

施工は 鎌建工業さん
当方の地元 大田区東糀谷の業者さん。腕前は折紙付。
納まり部分は、全くお任せできました。
素材の荒々しさとディテールの繊細さが共存しています。

建て主のみなさん
完成からご家族も増えて、生活を楽しんでいるご様子は
嬉しく ありがたい事です。


2018年1月11日木曜日

届くことの奇跡

お客さまとのmailのやり取り。
うっかり事務所のドメインからでなく 個人のgmailで返事してしまい
そのお返事はgmailのメールボックスに入ってしまっていたのでした‥。
危うく 見落とすところ。 気がついて よかった。

私の「岩間」という姓は、それほど一般的とは思えないのですが
事務所の住所の ホンの一字違いの住所に 偶然「岩間」さんという
方が住んでおられるようで、よく誤配送の手紙が届きます。
誤配送の年賀状 は 拙いながらも 一生懸命の子供の字。

 ことしも いっぱい あそんでね

再配送 無事届きますように。