2017年5月30日火曜日

『光』‥目を閉じて観たくなる映画

河瀬直美監督の『光』。感動、拍手です。
残念ながらカンヌでの受賞はならなかったようですが、秀作は確かです。

河瀬さんの作品は、宇多田ヒカルのPVなど、風景の瑞瑞しい描写が印象
にあったのですが、この作品は、人物の描写が繊細で揺さぶられます。
内容は 単純な視覚障害者とのラブ・ストーリーを超えているのですが
(‥映画の広告上、そういった簡潔なものいいになるのでしょうが。)
『ことば』の持つ重みが、安易な解釈を拒みます。
映画館で 目を閉じて観たくなったのも、はじめての体験でした。
(ノー・ギャラだったという、希林さんのナレーションね。)

カンヌの話題で盛況かと思いきや、館内空席だらけ。残念に思いました。
おすすめの邦画です。


0 件のコメント:

コメントを投稿