2017年5月30日火曜日

外装材は『サイディング』

現在工事進行中の木造長屋シリーズ HD5-Project
いよいよ 外部の足場が外れて 外観があらわになりました。
外壁仕上げは FLAT SETTE 同様 金属系サイディング です。

『サイディング』 といえば
間違いなく 建築家が使いたくない建材ベスト・ワン(主に窯業系)
だったら 使ったろうじゃん!という へそ曲がりではありません。
厳しいコストの制約と45分準耐火の仕様から 選択した仕上げです。

サッシ廻りや出角、つなぎの部分の部材は 既成の役物で納めるため
どうしてもシャープネスに欠けますが、大きな壁面を仕上げるのには
わるくない部分もあります。


『光』‥目を閉じて観たくなる映画

河瀬直美監督の『光』。感動、拍手です。
残念ながらカンヌでの受賞はならなかったようですが、秀作は確かです。

河瀬さんの作品は、宇多田ヒカルのPVなど、風景の瑞瑞しい描写が印象
にあったのですが、この作品は、人物の描写が繊細で揺さぶられます。
内容は 単純な視覚障害者とのラブ・ストーリーを超えているのですが
(‥映画の広告上、そういった簡潔なものいいになるのでしょうが。)
『ことば』の持つ重みが、安易な解釈を拒みます。
映画館で 目を閉じて観たくなったのも、はじめての体験でした。
(ノー・ギャラだったという、希林さんのナレーションね。)

カンヌの話題で盛況かと思いきや、館内空席だらけ。残念に思いました。
おすすめの邦画です。


2017年5月15日月曜日

Tokyo

先週は、渋谷・三軒茶屋の 昭和女子大学 人見記念講堂へ
ひとり。井上陽水 のコンサート。
こう見えて私、『氷の世界』から40数年らいの 陽水ファンであります。
コンサートの聴衆も、私以上の おじさん・おばさんたちが目立ちます。

この『人見記念講堂』に来てみたのは 初めてです。
東京メトロ 三軒茶屋駅から246首都高速の高架に沿って向かいます。
陽水さんのレパートリーに Tokyo と言う曲があります。
(‥このコンサートでも演りましたが。)
ハトバスに乗った気分で都内の繁華街を巡るような旅気分の楽曲ですが
ここ三茶の夜の立体交差は、いささかダークな雰囲気のTokyoでした。




2017年5月7日日曜日

なにもしない。の休日

この大型連休中は できるだけ なにもしないことにしました。
読書もしない。少しだけサイクリング。

Refreshed & Back to Work !

2017年4月29日土曜日

PAUL McCARTNEY

私は学生時代の友人たちと この27日 東京ドーム へ。
三塁側の端でイマイチの席もなんの、じっくり堪能できました。

2年前のライブと プログラム はそれほど変わってなかった。
ただ、パフォーマンスのクォリティー はとてもよかったです。
LET IT BE では、図らずも 涙が出てしまいました。

70代には 思えない元気さ。
才能では 絶対かないませんが、こんな風に楽しめたらいいな。


2017年4月27日木曜日

堀さらい

私が週末を過ごしている地域には 水田が広がります。
水田に水を引込む前に、堀に溜まった土をさらいます。

地域の人たちと、汗をかきました。


2017年4月4日火曜日

建築物省エネ法による規制措置の施行

この新年度より
建築物省エネ法(建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律)が施行されました。
先月末には規制措置の施行にあたり、所管の国土交通省から直々のお達しが届きました。
(‥きっと、建築士事務所登録している事業所には、すべて届いているのでしょう。)

これまでの建築物の省エネ基準は
経済産業省所管の いはゆる省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)での
ひとつの項目として扱われてれたところ、別の法律として独立させたわけですから、
法体系そのものの変更という、かなりドラスティックな改変ということでしょう。

この建築物省エネ法では
一定規模の建物は、所定の省エネ基準をクリアした省エネ計画書を所管の行政庁に提出、
その適合判定書がなければ建築確認済証そのものがおりない、というフローのようです。

その一定規模の建物 となる 300m2以上の建築物(住宅・非住宅)の新築・増改築。
都市部で集合住宅の設計・監理の計画が多い当方にとっては、実に現実的な問題です。

現に いま計画進行中の集合住宅 が この規制措置にバッチリ当たっています。

さっそく 省エネ計画書を作成していただくサポート事務所にて打ち合わせです。
温熱環境の計算をクリアさせるべく、想定の断熱材仕様を 設定してもらいます。
構造計算をおこなうにあたり、柱や梁の仮定メンバーを設定する作業に 近いです。
はたして、提示された断熱材仕様に‥ え! 断熱材 こんなに厚いのが必要なの!?

計算回してもらっても、断熱材厚の軽減は期待できないんでしょう。きっと。
限られたスペースに住空間を実現させるのに、断熱材による1センチ2センチのロスは
計画では ボディーブローのように痛みが効いてきます。
私自身も、これまで培ってきたシビアな寸法感覚が崩れ落ちていくような気分です。

建築設計における自由度は、明らかに後退するでしょう。
それにともない、わるい意味での標準化が進むことになるかもしれません。
建設コストも上がります。少なくとも、断熱材や温熱計算は必要なわけですから。

ただ、それをさしおいても 省エネ基準が必要なことも重々承知しています。
地球環境のみならず、お年寄りも増えて(ゆくゆくはワタシも)健康管理の面でも
大切なこととなっていくでしょう。(特にこれは最近、私的にも痛感のこと。)

新しい時代に はいったということ。
順応していかなくては いけません。


(ムツカしい話になりました。お口直しにサクラの花を。)

2017年4月3日月曜日

25周年

新年度が始まりました。
朝。目白通りの学習院大学の前には初々しい正装の方々が。入学式であろうか。
巷のそこかしこで同じように新しいスタートを切った方々が多いことでしょう。

思い返せば 私も独立して、初めてお仕事をいただいのが この時期だった。 
はて何年前であったか‥
岩崎恭子ちゃんが 14歳で金メダルかぁ… すごいですねえ。
などとお客さんと会話を弾ませたのを思い出してみると、1992年 ということ‥
そうか 25周年 じゃあないですか。

おめでたい。というより、不思議な ため息感が湧いてきます。
うまくいったこと、いかなかったこと。
楽しかったこと、苦しかったこと。
言葉ではとても言いあらわせませんが、これからは これまでの経験を伝える
ということも、していかなくてはならないのかな、と思うようになっています。


唐突に、話しは全くかわるのですが
以前このBLOGでも紹介しました、うちの事務所の仲間達。
ひょんなことから、ワニくんも 加わることになりました。

2017年4月2日日曜日

春・三分咲きの健康管理

この1月末の特定健診(人間ドック)で出てしまった高い血圧数値。
ショックのほどは、以前このBLOGでも触れたとおりのところです。
そのまま
その病院の内科医のお医者さんの指示とおり、1ヶ月間 ほぼ毎日
血圧計で取った記録をエクセルでグラフにして 再来院してみると‥
‥も少し 様子みましょう。また来月 来てください。予約の日は‥ と。
( え。いいんですか? 数値 ほとんど、よくなってませんが‥‥。)

モヤモヤしていたその時期、先月の高校の同期会の席である。
その話を持ち出してみると‥、そりゃダメだ。と、隣のKくんの一言。
そう、彼は 大学病院の循環器系の専門医。 なんと間のいいこと。
間髪入れずに Kくんの病院を予約。外来で診てもらうことにする。

日を改めて診察室で向き合ったKくんは、相変わらずタメ口である。
あくまで、外来患者と担当医というスタンスではいたかったのだが
いきなり拍子抜けのところ、健診結果の内容にひととおり目を通した
Kくんの曰く‥
血圧以外の数値は問題なし(むしろ良い部類)、切迫した状況もなし。
ただ血圧は問題、特に下の数値が高いのはN.G. と。
‥それじゃあ 処方箋 出しとくから。 また来月ね。

お薬か‥。
もうこの歳である。同期会の席でもたしかに、オレも飲んでいるぜ。
という仲間が けっこう いたな。
はたして、私も薬の服用。始めてみると‥なるほど、こうゆうことか。
頭の中の力が入らない。
さあ、ここから一気に集中するぞ‥! とアクセルを踏もうとすると
自動制御がかかってしまい、ブレーキが勝手に作動してしまう感覚だ。

仕事。あまりに気合を入れ過ぎていたのかもしれない。
もっとスローに行こう。その方が仕事のクォリテューも上がるだろう。

今年の桜も スローペース。 まだ三分咲きほど。
満開にさせるのは まだまだ これからだ。私も。

2017年3月24日金曜日

おカネをかけずにイイものにする。それがデザイン


現在工事進行中の木造長屋シリーズ HD5-Project
木工事では内部断熱材の設置が進み、屋根の金属工事も始まりました。
雪止め金物は、屋根の勾配がきついため二段にすることにしています。
限られた空間で複数の住居を成立させるためには、設備計画が重要です。
私は基本設計の段階から、空調や給湯の方法を考えながらすすめます。
ですから、完成した建物では、空調室外機やガス湯沸器が目立つ場所に
設置されていることは まずありません。
見せることではなく、見せないとこと、気付かせないことが 重要。
‥なんとなく、すっきり納まってるだけで、なにか努力はしたんですか?
 と言われれば 大成功だと考えてます。

この計画では
普通は勝手な位置に設置されちゃう 給気口・排気口のベンドキャップ
の配列も整えることにします。建物全体が引き締まって見えるはずです。
職人さん達にも、すでに私のこだわるポイントが分かってきたようです。

こういった工夫には おカネ はかかりませんね。
これが デザイン という作業だと考えています。