2017年9月17日日曜日

『関ヶ原』

関ヶ原の戦いがあったのは旧暦で 9月15日 とのことで。
原田眞人監督の『関ヶ原』を観ました。
『クライマーズ・ハイ』を観て以来の、原田監督作品のファンであります。
‥『クライマーズ~』は、1985年の日航機墜落事故を題材の横山秀夫原作作品
出てくる登場人物の殆どのキャラを立たせた巧みな演出に感動するだけじゃなく、
堺雅人、尾野真千子、(今回は秀吉役の)滝藤賢一といった、若手俳優さん達が
ブレイクした作品でもありました。 佳作です。おすすめ。

『関ヶ原』も、司馬遼太郎原作ということで期待もありましたが‥ 正直、残念。
やはり、いっぱい出てくる武将それぞれのキャラを立たせているところは流石で
興行的にも成功しているようですが‥、私的には イマイチ感で もやもや。

では そもそも なにがイマイチ感なのか‥。

1. 何をテーマにしているのか イマイチわからない。
関ヶ原の戦いは、ダレとダレが戦って ダレがどんな立居振舞いをしたのか‥。
学校の教科書からTVのドラマから、日本人ならだいたいみんな知っています。
それを丁寧に舐めただけでは、伝わるものは少ない。
原田監督の思い入れが、よくない方に向いちゃったように思います。

2. 有村架純ちゃんの とってつけた感が 半端ない。
女忍者がこの時代に活躍していたのかもしれないが、物語と絡んでいない。
旬で勢いのある若手女優さん 出さないと観てくれないんじゃないか、という
なんらかの力学が働いたのでしょうか。
だったら、架純ちゃん目線の一人称の語口でも面白かったかも‥。

3. 合戦シーンに もやもや‥。
合戦シーンは迫力があってよかった。
きっと たくさんの方々が本当に尽力されたことだと思います。 が。
やはり日本人である以上 黒澤明 という名がどしても よぎってしまいます。
『乱』 『影武者』 『七人の侍』 ‥
かけた予算も時間も違うでしょうから、あんに比べるのは失礼とは思いますが
見劣りしてしまうことも確か。
人間ドラマの方に、より重点を置いてもよかったかも。

作った方々には失礼ながら、自腹の入場料分だけ不満を述べました。
それでも、お釣りは充分あり。ご覧の価値は ありますぞよ。 大一大万大吉。


2017年9月13日水曜日

『既存住宅状況調査技術者』中古住宅市場に必要とされる建築士

『空家』の増加が、社会問題となっています。
総住居数はすでに総世帯数を超えており、総住居数に占める空家の割合である
『空家率』は、平成25年度の時点で13.5%(7~8戸に1戸は空家となります)
これが、確実に年々増加していくことになるわけです。

住宅のマーケットにおいて、新築住宅より中古住宅の流通を活性化させるべく
昨年の宅建業法の一部改正により生まれた制度が『既存住宅状況調査技術者』

来年4月より、既存住宅の売買には、既存住宅状況調査技術者による調査報告
が必要となります。消費者に安心感をもってもらおう、ということでしょう。

既存住宅状況調査技術者 になれるのは
登録機関による講習を受けた 建築士 に限るとのこと。
大きな変革であることは明らかです。私も講習会に参加することにします。
講習会を申し込んだ登録機関は、所属する東京建築士会。
ほぼ丸一日をかけた、かなりのボリュームがある講習と考査となりました。

既存住宅の調査は、基本的に目視によるもの。
調査方法も、足場を掛けたりする必要がない比較的簡易な方法がおもです。
調査対象の住宅が、設計図書通りであるか、建築基準法に適合しているかを
調査するものでもないそうです。

少なからず 疑問が湧いてきました。
当然のことながら、どの調査技術者も同じ結論を目指すことになります。
それでは、仕事の内容(調査や報告書のクォリティー)での調査技術者間の
競争は生まれません。むしろ、調査やその報告書が綿密であればあるほど
商品(住宅)の価値を下げることになりかねない、という皮肉も感じます。

調査報告書(概要)の説明も、
既存住宅状況調査技術者自身ではなく、宅建士が買主におこないます。
これでは、プレゼン力においても個々の調査技術者の差別化はできません。

では、どういった基準で
この業務は この調査技術者さんに お願いしよう‥ となるのでしょか?
料金です。料金だけです。
‥どの調査技術者が もっとも安いのか?
これでは建築士にとって、健全な業務 とならないでしょう。

不動産の売買において、業者さんの手数料基準は厳格に決められています。
既存住宅状況調査技術者にも、厳格な報酬基準は必要ではないでしょうか?

かつて 耐震偽装事件がきっかけでなされた建築基準法等の改正のさいも
あまりにも早急な改変は、矛盾と混乱をうみました。
いましばらく この制度を見守りましょう。

初秋の木陰にて。

2017年8月27日日曜日

薄暮の竣工写真

先月 竣工内覧会を行った 長屋形式の集合住宅 FLAT PLATINO
残工事等の関係から、先週ようやく 竣工写真の撮影ができました。

写真家の方は、建主から ご紹介いただいた面々
昨年末竣工の FLAT SETTE も含め、これまでの物件を撮影しており
賃貸募集広告にも使用するという、建主から希望しているニュアンス
を心得ているようです。

私もこれまで、建築写真のプロの方々に撮影をお願いしきました。
独立当初、お金がなかった頃は、自身で竣工写真を撮っていたので
多少の機材と心得はあるつもりですが、プロの方々には敵いません。
餅は餅屋。

撮影の立会の際、かいま見えるプロの流儀も、じつに興味深い。
感じ方・考え方が、皆さん微妙に違う。


夜景のタイムングの時刻は 薄暮(はくぼ)と言います。
黄昏時ですね。
上段が 私がiPhoneで撮ったもの。
下段はプロ。15分後のシャッター。
ちょっと遅いのではと思いきや、明暗のメリハリ感は効いてますね。


2017年8月4日金曜日

小網代湾

三浦半島の先端近くにあり、ひとつの流域ごと残された貴重な自然です。
私にとっては
都心の喧騒やPC作業のストレスを癒してくれる 密かなパワースポット。
先日、久しぶりに訪れてみました。
夏休みでありながら、散策するハイカーはほんの数人、家族連では一組。
大自然を独占した心境です。ただアカテガニには、また会えなかった‥。

小網代湾に浮かぶボートハウス
オレンジ色の屋根から、マリンブルーの壁へ、見事に塗り変わっている。
こちらも気持ちが新たになります。

2017年7月21日金曜日

宮脇檀のドローイング展「手が考える」

外苑前の駅を出ると、何やらスワローズの選手達が拳をあげている‥。
目を覚ませ! 記録的連敗を喫しているチームのスローガンが皮肉だ。
外苑西通りの角、黒川紀章のベルコモンズ跡地は、高級マンションへ。
マリオボッタのワタリウム、東孝光の日本一有名な狭小住宅をすぎて
竹山聖のバブル建築の前‥ あれ?どうやってはいるのだろう。

恥ずかしながら 建築家会館 というところに、初めて来たのでした。
ホールで開催された 建築家・宮脇檀のドローイング展「手が考える」
見学させていただきました。

仮設工事の単菅バイプによる無骨な展示に、軽快なジャズのBGM。
作品建物の写真は一切なく、ドローイングと 模型がひとつだけ。
それゆえ 精密なドローイングによる考察の迫力が浮かび上がります。

宮脇檀さんの印象は 私は 軽妙な文章。特に紀行文が好きでした。
以前、どこのコラムだったでしょうか。 氏が展示会で、ある方から
「‥お若いの。安藤忠雄くらいの才能あるよ。」 と、つっこまれた
エピソードを、ユーモアまじりに書かれていたのを思い出しました。

安藤氏の 例えば「住吉の長屋」や「六甲の集合住宅群」に見られる
周囲や条件に対するアグレッシブな戦闘モードのようなものとは逆に
宮脇さんの発想は、生活や使い勝手から沸き立つものを強く感じます。
パーズだけではなく実施図面の全てに人物や家具が描かれていました。

ただ、氏が病により声を失ってからの、所員との筆談の記録には苦笑。

 担当者の仕事は 俺に聞くことではない… 
 自分で考えて、こうしたいのですが と  何もかも聞くな
 いいよボーナス引き 監理設計ミス
 こじれた話を戻すのは 俺は 土下座要員で ‥場合は土下座

戦闘モード マックスのようです。

2017年7月17日月曜日

竣工内覧会御礼

新築集合住宅 FLAT PLATINO
この15日(土)・16日(日) に行いました 内覧会
酷暑の中 多くの方々におこしいただきました。
ありがとうございました。

まだ残工事もある状況で、失礼いたしました。
竣工写真は、あらためてsiteにまとめていきます。

2017年7月11日火曜日

現場で決める塗装色

竣工が近い 集合住宅 FLAT PLATINO
各住居の玄関SD(スチールドア)の 塗装色 を決めます。
一般的に
建設コスト全体を抑えるため、建材はできるだけ既製品をスペックしています。
AW(アルミウインドウ)も(製作ものではなく)既製寸法の製品をできるだけ
使うのですが、狭小住宅では納まり上、この玄関SDだけは既製品がむつかしい。

SDだけは工場製作し、現地でウレタン系の塗装で仕上げることにしています。
サビ止め塗装の上に、候補の数色を試し塗り。
現場でそれを見て、建主の方々も含め、みんなで決めます。

日中、日向になるのか日陰なのか…。
周囲の素材との相性はどうなのか…。

F65-70B(マンセルで5B7/1)
当方SOCIUS の定番色 に決まりました。

15日・16日 内覧会開催予定です。詳細はこちら

2017年7月9日日曜日

今から ブラック上下関係 やめてくる

「ちょっと今から仕事やめてくる」
製作者の方々には 申わけないが、作品としてはイマイチでした。
吉田鋼太郎のブラック上司ぶりだけは、なかなか堂に入っていた。
さすが ベテラン。 役柄通り 作品をシメましたね。

「ブラック企業」という言葉は 当時はまだありませんでしたが、
私も新卒直後、大手建設会社で、随分とコキ使われていました。
ただ、それが 糧 にもなっている、とは感じます。

思えば 建設業界というのは、社内的に会社としての対外的にも
パワハラのような、ブラックな上下関係が生まれやすい業界です。
「発注者」と「受注者」、あるいは「元請」と「下請」といった
相手との上下関係が、はっきりしやすいからです。
立場は違えど、現場では 良い建物を造る。という共通の目的を
持った ひとつのチームでなくてはいけません。
設計監理者という、今の私の立場も含めてです。

うちの屋号である SOCIUS (ラテン語で仕事仲間、相棒)には
そんな 思いも込められています。


2017年6月30日金曜日

建築士定期講習会

建築士の定期講習は、建築事務所に所属する建築士に3年毎に義務付けられた制度です。
いはゆる耐震偽装事件によって改正された建築士法によるもので、同様に義務付けられた
設計契約前の「重要事項説明」と共に、制度としてはわるくないな、と私は考えてます。
この定期講習の権限は民間の検査機関などにも解放されています。
私も先日、事務所に近い、建築確認等で利用する民間確認検査機関で受講してきました。

定期講習の内容。この制度ができた当初は、
…建築士として、こういった悪事をはたらくと こういった懲罰があるぞ。 といった
しめつけ的内容が目につきました。この制度ができた経緯から、理解できるところです。

ここにきて、頻繁に改正される建築基準法の内容や、既存建物の活用や建築物省エネ法等
変化の激しい状況のアナウンスメントとして有意義なところがあるのは、確かに感じます。

ビデオによる講義でした。
おそらくはテキストを編集された識者の方(お役人さんかな?)が一字一句 テキストを
読み上げるのがきまりなのでしょうが、願わくば、も少し滑舌の良いプロのアナウンサー
のような方では、いけませんでしょうかね。ここだけは、正直 ちょっと‥。

photo は 竣工間近
FLAT PLATINO(HD5-Project 改め)
来月 15日・16日 内覧会開催予定。詳細はこちら


2017年6月27日火曜日

22年 “前” の告白

頭の中がオーバーヒート、スイッチがoffにならない。ちょっとやばい。
いったん現実から離れ、強制終了にするには映画が一番てっとり早い。
ポイントもたまっていたので なんでもいいや‥ と 観たのが
『22年目の告白 -私が殺人犯です-』 
これが、各レヴィーにある通り(失礼ながら)意外と よかった。
藤原竜也が犯人役 ということで 
三池監督の『藁の盾』をイメージしましたが ちょっと違う感じ。
ただ 仲村トオル のキャスターは ある実在人物 そっくりだ。
…あとは ネタバレになるので 劇場でどうぞ。

発生した殺人事件が時効対処となるか否か
分岐点となったのが  22年前の 1995年

1995年 という年は 私もよく覚えています。
阪神淡路大震災 や 地下鉄サリン事件 の記憶だけではありません。

この年の たしか3月か4月 サイトのドメイン名がオープンになります。
それまでプロバイダーのサーバー名が頭についていた 個人のsiteのURL、
一般の人でも自由なドメイン名を 取得できるようになりました。
私の事務所も いち早く socius.co.jp をゲット。
なんで それに拘るの? と 当時は言われましたが。今では一財産です。

野茂英雄さんが MLBに渡り活躍したのもこの年。
オールスター戦では先発し、ランディー・ジョンソンと投げあってました。
根性論だけの首脳陣と、プロ野球球団という大企業にたてついて退団した
当初は、どちらかといえばバッシング気味だった 巷やメディアの対応も
名門ドジャーズで大活躍するやいなや 手のひらを返して盛り上げました。

時代の分岐点でもあったと思えるのです。

私自身も、後悔することがあります。(言えませんが。)
もしも戻ることができるのならば この1995年に戻ってみたいですね。